5月の季節のほうじ茶 べにふうき

丸八製茶場が毎月数量限定で発売している「季節のほうじ茶」は、
さまざまな品種の茶葉を、その個性が生きる焙煎で仕上げた焙じ茶です。

column/2022/0426/165094580302_1400_1400_100_auto.jpg

丸八製茶場では毎月限定の商品として「季節のほうじ茶」を販売しています。

日本では、日々新しい品種のお茶が開発されています。有機栽培でも育てやすいものや、カフェインレスのものなど、新しい特性を備えた品種の開発にはわくわくしますが、私たちにとって一番楽しみなのは、やはりこれまでにない新しい香りや味わいのお茶です。そして、本来は違った目的で開発された品種が、別の点で注目されるといったことがあるのも、農作物であるお茶のおもしろさです。5月の「季節の焙じ茶」も、この季節にちなんだ特性のある品種の一つです。

5月の「季節のほうじ茶」は
フルーティな「べにふうき」

「べにふうき」は、もともとは紅茶用の品種でした。しかし、抗アレルギー効果が期待される成分「メチル化カテキン」を豊富に含んでおり、この成分をいかすためには煎茶の製法がよいことがわかってから、主に煎茶として飲まれるようになりました。

今回の「季節の焙じ茶」の茶葉は、この「べにふうき」を半発酵させ、釜炒りにして仕上げたものです。そのままでは渋味や酸味が強く感じられることもある茶葉ですが、焙煎することでフルーティな甘さが感じられるようになりました。

column/2022/0426/165094580804_1400_1400_100_auto.jpg

「べにふうき」の茶葉。くるりと丸みを帯びた茶葉のかたちは、釜炒り茶の特徴です。

健康への効果を期待して摂られることが多い「べにふうき」ですが、もともとは発酵茶である紅茶としても評価が高い茶葉です。半発酵によって引き出される萎凋(いちょう)香も、楽しんでください。

新しい環境にも慣れ少し疲れが出て来るこの時期。ひとりでじっくりと楽しむお茶の時間は、明日への英気を養ってくれます。食後のほっとするひとときに、休日の午後に、「べにふうき」と共にお湯の中で広がっていく茶葉のように心ほぐれる時間をお過ごしください。

*「べにふうき」は2022年5月1日発売です
*オンラインショップでの発売は2022年5月2日となります
*2022年5月の期間・数量限定商品です。
 限定数に達した場合は販売終了とさせていただきます

べにふうき

べにふうき