加賀棒茶物語

加賀棒茶とは   加賀・金沢で普段のお茶といえば番茶(ほうじ茶)。 それはとくに茎を焙じあげた棒茶を意味しています。 茎の芯まで火を通すにはかなりの火力が必要となるため、表面が黒く焦げ、その焦げ香によって画一的な味になっ … 続きを読む 加賀棒茶物語